SAKAINOMA

SPOT  堺を体験・発見できるスポット

EAT / PRODUCT / DO / SEE

SEE

堺のシンボルを取り巻くコントラストを楽しむ

堺は街と海が近い。
駅前の喧騒をぬけて少し歩けば、いつの間にか海。心地よい潮風に吹かれながら海辺に沿って港の突端をめざすと、白い六角錘の旧堺燈台が現れる。
明治10年に築造され、現地に現存する木造洋式灯台としては日本最古のもののひとつ。国の指定史跡に指定されており、昭和43年に灯台としての役割を終えてからは、堺のシンボルとして市民に愛されている。
時が止まったかのように静かに佇む燈台の姿は、それだけを見れば、港のかつての繁栄を憂いてセンチメンタルな気分に浸れそうなもの。だが、それを取り囲むのは、工場の煙突、南蛮貿易の様子がでかでかと描かれた壁画、さらには頭上に渦巻く高速道路のジャンクション・・・ ここに来れば、レトロな燈台と雑多な景色との、意外なコントラストが楽しめる。

日が沈んでしまえば、工場だろうが高速道路だろうがすべての灯りは夜景と化す。ロマンチックな気分に浸りたいなら、夕方から夜にかけてがおすすめだ。


堺のシンボルを取り巻くコントラストを楽しむ

旧堺燈台

TEL : 

定休日・休館日 : 

営業時間・開催時間 : 

入場料・入館料 : 

ホームページ : 

周辺のスポット

×

ページトップ