SAKAINOMA

STYLE  過去・現在・未来の様々な視点で堺の持つ魅力を発掘/検証/企画/提案

REPORT / COLUMN / CULTURE / LIFE  / OTHER

REPORT

71 labo start up party REPORT

大和川が目前に流れる堺の最北、七道に漂う異様な雰囲気…。

降りしきる雨の中、たくさんの人が吸い込まれるそこは、「71labo」。
大の大人が集まり、本気で遊び、つくる場所だ。

 

10月21日は「71labo startup party」と題して、パーティーを開催。
この日は“完成”ではなく、現状のほぼ手つかずのままの“これから”をお披露目する会。
台風が近づき、足元が悪いにも関わらず、約200人ものゲストが駆け付けた。
約200坪のタクシー会社だったスペースは、天井も高く、大人も走り出したくなるような解放感。
建物内の各所には、タクシー会社で使われていた看板などもあり、昔の趣が残っている。

当日は、71laboメンバーの一人、華道家・片桐功敦さんの作品をはじめ、
クッチーナサッチさんが作る食事、ほろ酔いの大人たちが行列を成すバーなど、
五感をすこぶる喜ばせてくれる演出ぞろい。
笑って話す人、流れる音楽に身を寄せる人、はたまたlabo内を探検する人
(タクシー会社で使っていたお風呂や仮眠スペースも発見!)。
子どもたちは走り回り、大人はそこかしこで美味しいお酒と高まる雰囲気に乾杯。

思い思いに過ごす、みんなの笑顔が印象的な空間は、これからどんな姿を魅せてくれるのだろうか…?

 

ここだけの話、実はこれからの71laboの行方を知っている人はいない。
もちろんメンバーも。ただハッキリ言えるのは、今までに堺に存在しなかった何かが始まったということ。
それはメンバー以上に、行方を知らないゲストのにんまりな顔からも伺える。
この日のゲストが、いずれはlaboの一員になっている可能性も大いに期待したい。

パーティーが終わる21時、嘘のようにやみあがった大雨。
71laboのこの先を暗示するかのように、とても幸先が良いようだ。

 


Author
やまざきめぐみ

某編集プロダクションにて編集、ライター、時々ダメ女子モデルとして奮闘中。人、もの、ことについて、聞くことと書くことが大好物。元介護福祉士。

最近の記事

×

ページトップ