SAKAINOMA

SPOT  堺を体験・発見できるスポット

EAT / PRODUCT / DO / SEE

DO

堺の街中で、日本一の山に登る

堺に“日本一”の称号をもつ山があるのをご存じだろうか。それは旧堺港の近く、大浜公園の中にある。一見すると山らしきものは見当たらないが、こんもりとした丘のふもとにこんな看板が。
「一等三角点のある日本一低い山 蘇鉄山 登り口」
一等三角点とは、地図を作るための測量の基準点のひとつ。丘のような姿をしていても、蘇鉄山は国土地理院発行の地図に記載されているれっきとした山なのだ。ちなみに、“日本一標高が低い山”として親しまれてきた大阪の天保山は、2014年の調査により仙台市の日和山(ひよりやま)にその座を明け渡している。

何はともあれ、いざ登山開始!
ソテツとクロマツに囲まれた階段を20段程度登れば、あっという間に登頂成功!頂上には地面に埋設された標石があり、その中央に刻まれた「+」の中心が一等三角点の位置と高さを示している。標高は6.97m(少し前までは6.96mだったが、再調査により1cm高くなってしまった)。すぐ近くにあるはずの大阪湾さえ展望できないが、まぎれもなくここは山頂だ。
登頂の記念に、堺駅南口近くにある神明神社で登山認定証を発行してもらえる。蘇鉄山から歩いて10分ほどなので、登山後のクールダウンがてら、こちらにもぜひ立ち寄ってみてほしい。


堺の街中で、日本一の山に登る

蘇鉄山

TEL : 

定休日・休館日 : 

営業時間・開催時間 : 

入場料・入館料 : 

ホームページ : 

周辺のスポット

×

ページトップ